皆さまへのお願い

新型コロナウイルス感染症予防のための緊急対策

新型コロナウイルス
感染症予防のための緊急対策

北九州市で透析を受けている男性が発症したことを受け、当院でも厳重な警戒態勢をとることとなりました。
クリニック内での感染予防のため以下の事項を守ってください。

当院での透析診療を守るため、必ず守るようお願いします。


  • 不要・不急の外出はしない
  • 公共交通機関の利用はなるべくしない
  • 観光旅行や乗り物での長距離移動はしない
  • 会食・宴会には参加しない
  • スポーツジム・各種施設には出入りしない
  • イベント・コンサート・映画等の参加・鑑賞は控える
  • 屋内外スポーツの観戦・出場は控える

毎日 朝・晩 体温を測ってください
② だるさ・咳・喉の痛み・発熱・息苦しさ等不調がある場合。感染者と接触していたことが判明した場合。



直接クリニックに来ないで、必ず事前に電話で相談してください。
症状が出ているのを黙って透析を受けないでください。

こやまクリニック
電話 042-328-0035


通院時マスク着用のお願い

新型コロナウイルス肺炎が市中感染の兆しを見せ、使い捨てマスクの品薄が一層強まっています。今回のコロナウイルスは感染力が強く通常のマスクでは予防は難しいと言われていますが、無自覚なまま周囲に感染させる潜伏期間がとても長いことから院内感染の危険性がかねてから指摘されていました。

当院ではお互いに感染させない環境を少しでも整えられるよう、マスクを着用しないままの立ち入りを禁止させていただくことになりました。目からの感染も考えられるということで、可能な方はゴーグルもしくは目の周りを覆う花粉症メガネの購入を強くお勧めします。

クリニックの使い捨てマスクには限りがあり、世界的な品薄により海外からですら追加購入ができません。お配りするとあっという間に底をついてしまい診療行為に支障が出てしまいます。各自、口と鼻を覆うマスク状の物をご用意ください。咳やくしゃみによるウイルス飛び散り防止をお願いします。

ガーゼマスク、布マスク
既製品のガーゼマスクはドラッグストアにも在庫が無くなっていますが、「布マスク」、「タオルマスク」、「洗えるマスク」といった商品はまだわずかながら購入が可能です。また自作できる方は、インターネットの動画やサイトを参考にして縫っていただいて構いません。物流が滞っておらず材料が入手できる今のうちに数枚を用意しておくと安心です。インターネットの検索で「マスク、作り方」のような語を入力するとビデオや動画がたくさん出てきます。

布地のマスクは透析ごとに持ち帰り洗剤や石鹸で良く洗ってから干し、次回にまた装着して来院してください。素手で手洗いした場合は手を良く洗って除菌するか、予め手袋をすると感染予防になります。

キッチンタオル、キッチンペーパーマスク
紙製のキッチンペーパー、(輪)ゴム、ホチキスを使って使い捨てマスクを作る方法があります。布マスクを縫えない方は、インターネット検索し紙マスクを自作し装着してきてください。

マスクマナー

  • 汚れたまま何度も使用しないでください。ウイルス汚染が進み危険です。
  • 鼻を出す、話す時やくしゃみをするために外すことはしないでください。感染範囲が広がります。
  • 感染による閉鎖、透析続行不可という医療崩壊予防のため全力での対応をお願いいたします。


医療法人社団こやま会 こやまクリニック


新型コロナウイルス対策てびき

新型コロナウイルスの情報と対策方法をまとめました。ダウンロードしてお使いください。


『新型コロナウイルス対策てびき(抜粋版)』(PDFファイル 5ページ)
『新型コロナウイルス対策てびき(完全版)』(PDFファイル 17ページ)


ページ
上部へ